蜂に注意しよう~普段のライフに関わってくる攻撃的な生物~

個人で駆除しない

蜂の巣を見つける

予想されている被害状況の拡大

昨今の日本で被害状況の増加傾向が顕著に見られる物事に、蜂の巣の被害を挙げることができます。これは、真夏の時期に猛暑日を迎える地域やその日数が増加傾向にあるためであり、この真夏の時期の猛暑日が蜂の動きの活性化を促しているために引き起こされている問題となっています。それによって、これまで蜂の巣が作られることはおろか、蜂の姿を見かけるような地域においても、蜂の巣が作られてしまうといった被害が見受けられるようになっているのです。この蜂の巣が作られてしまった場合、その巣を作った蜂を十分に見極めることが重要なポイントとなっています。この蜂がキイロスズメバチだった場合、早急に駆除する必要があることを十分に理解しておくといいでしょう。

キイロスズメバチの駆除にあたって

キイロスズメバチの駆除にあたって絶対に覚えておきたいポイントとして、個人で巣の駆除作業にあたってはいけないといった点を注意点として挙げることができます。これは、キイロスズメバチの駆除を行なうために巣に近づくという行為は、最も刺されるリスクを高める行為となるためであり、キイロスズメバチに刺されてしまうと、最悪のケースでは命を落とすことがあるためです。キイロスズメバチが持つ毒に由来する症状であるアナフェラキシーショックが引き起こす最悪の症状が、人を死に至らしめることによるものとなっているのです。そのため、キイロスズメバチの巣を取り除くにあたっては、専門業者のサービスを利用するのがお勧めとなっています。おおよそ一万円前後といった価格帯からの依頼が可能であるため、積極的に活用していくといいでしょう。