蜂に注意しよう~普段のライフに関わってくる攻撃的な生物~

凶暴過ぎるハチ

古い家

ハチの世界も変わってきています

最近、日本の生態系も外来種が入ってきて崩れはじめているニュースもよくあってます。外来種だけでなく、自然の減少や気候にもより生態系が崩れていることも問題となってます。蜂の世界も多少変わってきているようです。自然がすくなくなり、住む場所を人家の周りに求めるハチがいます。キイロスズメバチが人の生活圏で活動することが多くなっているのです。スズメバチなので、気性が荒く巣に近付くだけで襲ってくることがあるのです。家の周りにキイロスズメバチの巣があれば、ハチ駆除業者に駆除してもらいましょう。駆除する時に、蜂の巣に刺激を与えた時が一番危険な状態となります。数百匹ものキイロスズメバチが襲ってくるので、非常に危険となりますので、ハチ駆除業者に任せましょう。

都会にまで進出しているキイロスズメバチ

キイロスズメバチは気性が荒く、一番凶暴性が高いといわれています。その蜂が住宅街で多く巣をつくっているのです。そのために、キイロスズメバチによる刺傷被害件数が一番多く報告されています。この蜂は生活環境を変えても適応できる能力を持っているのです。ですから、最近は住宅街を超えて都会にまで進出していることが確認されています。そこで人が食べ残したものや、ジュースの飲み残しを食料として持ち帰るのです。自然界でエサを探すより、都会でエサを見つける方がはるかに簡単であることを学習しているのです。ですから、外でバーベキューをして飲食するときは注意が必要となります。特に缶ジュースなどにはハチが入り込みますので、飲もうとした時に口を刺される被害も増えています。