蜂に注意しよう~普段のライフに関わってくる攻撃的な生物~

凶暴過ぎるハチ

古い家

蜂の中で最も怖いのがキイロスズメバチです。キイロスズメバチは他の蜂よりも凶暴な性格を持っているため、少し巣を刺激しただけでも、襲ってくる厄介な害虫です。主に普段の生活に関わってきます。


Read more »


個人で駆除しない

蜂の巣を見つける

凶暴な蜂であるキイロスズメバチを駆除する時に注意することがあります。それは、個人で駆除をしてはいけないということです。キイロスズメバチは非常に恐ろしいので、早めに専門業者に駆除してもらいましょう。


Read more »


生活の中の危険生物

大きな蜂の巣

普段の生活の中で、関わってくる危険生物がいます。それは、蜂です。この蜂に刺されるとアナフィラキシーショックを起こす可能性もあります。特にスズメバチは、蜂の中でも最も凶暴です。


Read more »


野生化した害獣

小さな蜂の巣

ペットブームで増えてしまったのです

日本人は、アライグマは人に懐きやすく、かわいらしい動物であるというイメージをもっていました。それで、イヌやネコのように、自宅でペットとして飼いたいという人が増え、一時はアライグマを飼っている世帯が増加した時期もありました。本来、アライグマは日本に存在しない動物でした。日本での人気が高まったので、ブームにのって海外から連れてこられたのがそもそもの始まりです。かわいらしいと思われていた動物だったのに、実際飼ってみると、とても凶暴で繁殖しやすいことがわかりました。数がどんどん増え、手に負えなくなった飼い主が逃がしたり、逃げられたりしたアライグマが野生化し、日本に定住化してしまったのです。これがさまざまな問題を引き起こしているのです。

アライグマの駆除の方法

そこでアライグマの駆除に乗り出したのです。ひと言に駆除といっても容易ではありません。手を出せば攻撃してきますし、屋根裏などに潜んですみかにしていたら大変です。こうなればプロの手を借りるしかありません。アライグマは夜行性ですから、人間が寝静まった頃に行動します。農作物を荒らしたり飼っているペットを攻撃したりする被害も出ています。駆除の方法は、民家に住み着いている場合、追い出しをします。屋根裏に住み着いていると、糞尿被害がひどくなります。また、トラップを仕掛けて捕獲する方法もあります。追い出しなどの駆除が終了しても、またやってくることがありますから、出入り口を見つけてそこを塞いで進入経路を断つようにすれば安心です。

↑ PAGE TOP